表示メニュー


 

表示(View)メニューでMT4のインターフェースにある各種ウィンドウの設定を行います。

利用頻度の低いウィンドウは、表示メニューから非表示設定にすることも可能です。

「標準バー」、「チャートバー」、「ラインバー」、「周期設定バー」の各種ツールバーが用意されています、

ツールバーに追加したいプログラムアイコンがある場合、もしくは利用したくないプログラムアイコンがある場合は、カスタマイズしてより使いやすくすることもできます。

以下表示メニューに関する解説を行います。

 

ツールバーのカスタマイズ

 


 

ツールバーをカスタマイズしたい場合は、表示メニュー(View)の「ツールバー(Toolbars)」から「カスタマイズ(Costomize…)」 を選択します。

 

アイコンの選択画面

 


 

ツールバーのカスタマイズ画面(Costomizing toolbar)が表示されます。

アイコンを追加したい場合は、「非表示(Available)」から、所望のアイコンを選択し「挿入(Insert)」をクリックします。

逆に、使わないアイコンを削除したい場合は、「選択(Selected)」から、所望のアイコンを選択し「削除(Remove)」をクリックします。

 

言語選択

 


 

表示メニューにある「Language」では言語設定が可能となっています。

文字化けや、誤植があるため、英語(English)での使用をお勧めします。

言語設定を反映させるには、MT4の再起動が必要となります。

 

ストラテジーテスター

「ストラテジーテスター」は、MQL4(メタクオーツランゲッジ) で作成した「Expert Advisors(システム売買プログラム、以下EAと略す)」のバックテストを行う機能です。

MT4にはデフォルトで「MACD Sample」と「Moving Average」の2種のEAが用意されいます。

 


 

ストラテジーテスターを起動する場合、表示タブから「ストラテジーテスター(Strategy Tester)」を選択します。

 

各種項目を入力

 


 

ストラテジーテスターウィンドウ(Tester)が開きしますので、各種項目を入力してテストを行います。

  • エキスパートアドバイザー(Expert Advisor) ・・・ バックテストを実行するEAを選択
  • エキスパート設定(Expert properties) ・・・ EAのパラメーター設定や口座残高の設定
  • 通貨ペア(Symbol) ・・・ バックテストをする通貨ペアを指定
  • 期間(Period) ・・・ 時間足を指定
  • 通貨ペアのプロパティー(Symbol properties) ・・・ 通貨ペアの情報を閲覧
  • モデル(Model) ・・・ 過去データを選択。「全ティック」は最も正確な方法ですが、指定した期間によっては相当な時間が必要
  • スプレッド(Spread) ・・・ スプレッドを選択。「Current」は今のスプレッド、「2」は0.2pipsの意
  • 最適化(Optimization) ・・・ 最適なパラメーターの発見用
  • チャートを開く(Open Chart) ・・・ テスト実施後、そのテスト結果をチャートウィンドウに表示
  • 期間を指定(Use date) ・・・ 検証期間を設定
  • エキスパート編集(Modify Expert) ・・・ 選択したエキスパートアドバイザーを MetaEditor で開く
  • ビジュアルモード() ・・・ 売買ポイントがチャート上に表示

 


 

 

テスト設定画面(Expert properties)

テスト設定タブでは、発注する通貨の種類、証拠金、ポジション(Positions)のプルダウンメニューで、Long&Short(売り買い許可)、Long Only(買いのみ許可)、Short Only(売りのみ許可)を選択します。

 


 

最適化タブでは利用するパラメーターの種類を選択することができます。

 


 

「パラメーター(Inputs)」の入力画面では、パラメーター範囲と刻み(ステップ)の詳細な設定が行えます。

変化させたいパラメーターの左にあるチェックボックスにチェックを入れ、各数値をカスタマイズします。

複数のパラメーターにチェックを付けると、2次元、3次元的に各パラメーターの相互影響を含めたテストができます。

 


 

最適化(Optimization)の限界値を設定します。

このタブで設定した数値に達した際に、現在のパスは止められ、次のパスが始動します。

    【用語解説】
    ・最少口座残高 ・・・ 預金通貨の最低限残高値
    ・最大利益 ・・・ 預金通貨の最大の利益
    ・最少証拠金レベル% ・・・ 最小量の維持証拠金レベル
    ・最大ドローダウン ・・・ 最大限度のドローダウン
    ・連敗 ・・・ 連続した損失
    ・連敗トレード ・・・ 連続負けトレード数
    ・連勝 ・・・ 連続した利益
    ・連勝トレード ・・・ 連続勝ちトレード数

 

テストとレポート

 


 

テストをスタートさせると、「セッティング(Settings)」タブの下バーで、テストの進捗状況が確認できます。

 


 

「結果(Results)」タブでは、Expert Advisors を利用したバックテスト結果が表示されます。

    ・時間(Time) ・・・ 取引を行った時間
    ・取引種別(Type) ・・・ 売りもしくは買い
    ・注文番号(Order) ・・・ 取引のトレードしたポジションの番号
    ・数量(Size) ・・・ 取引数量
    ・価格(Price) ・・・ ポジションを建てたレート
    ・決済逆指値(S/L) ・・・ 設定した損失確定価格
    ・決済指値(T/P) ・・・ 設定した利益確定価格
    ・損益(Profit) ・・・ 実現損益
    ・残高(Balance) ・・・ 口座資産

 


 

「グラフ(Graph)」タブでは、Expert Advisors を利用したバックテストの結果がグラフで表示されます。

縦軸は通貨残額が表示され、横軸にはポジションの注文番号が表示されます。

 


 

「レポート(Report)」タブでは、バックテストの結果の詳細が確認可能です。

ここで、バックテストの結果からその Expert Advisors の有効性を推測することが可能です。

 


 

右クリック→レポートを保存(Save as Report)でhtml形式のレポートを保存できます。

    ・テストバー数(Bar in test) ・・・ バックテストに使用したロウソク足の本数
    ・モデルティック数(Ticks modelled) ・・・ バックテストに使用したティックの数
    ・モデリング品質(Modelling quality) ・・・ 始値のみ(Open prices only)の場合は n/a
    ・不整合チャートエラー(Mismatched charts errors) ・・・ エラーのあったバーの数
    ・初期証拠金(Initial deposit) ・・・ 初期の投資額
    ・スプレッド(Spread) ・・・ 買値と売値の差
    ・ 総損益(Total net profit) ・・・ 総利益ー総損失
    ・ 総利益 (Gross profit) ・・・ バックテスト期間中の確定した利益の合計
    ・総損失(Gross loss) ・・・ バックテスト期間中の確定した損益の合計
    ・プロフィットファクター(Profit factor) ・・・ 期間内の利益の合計を損失の合計で割った値
    ・期待損益(Expected payoff) ・・・ 総純損益÷取引回数の合計
    ・絶対ドローダウン(Absolute drawdown) ・・・ 絶対下落幅(初期投資額からの下落幅)
    ・最大ドローダウン(Maximal drawdown) ・・・ 最大下落幅(最大資産からの下落幅)
    ・相対ドローダウン(Relative drawdown) ・・・ 相対下落幅(全取引中の最大損失割合)
    ・総取引数(Total trades) ・・・ 取引回数の合計
    ・ショートポジション(Short positions) ・・・ 売りポジションの取引回数(割合)
    ・ロングポジション(Long positions) ・・・ 買いポジションの取引回数(割合)
    ・勝率(%)(Profit trades) ・・・ 利益がでた取引回数(割合)
    ・負率(%)(Loss trades ) ・・・ 損失がでた取引回数(割合)
    ・最大勝トレード(Largest profit trade) ・・・ 全取引中の最大利益額(1取引あたり)
    ・最大負トレード(Largest loss trade) ・・・ 全取引中の最大損失額(1取引あたり)
    ・平均勝トレード(Average profit trade) ・・・ 1取引あたり平均利益(純利益÷利益がでた取引回数)
    ・平均負トレード(Average loss trade) ・・・ 1取引あたり平均損失(純損失÷損失がでた取引回数)
    ・最大連勝(金額)(Maximum consecutive wins) ・・・ 最大連勝取引回数
    ・最大連敗(金額)(Maximum consecutive losses) ・・・ 最大連敗取引回数
    ・最大連勝(トレード数)(Maximum consecutive profit) ・・・ 最大連続利益(取引回数)
    ・最大連敗(トレード数)(Maximum consecutive loss) ・・・ 最大連続損失(取引回数)
    ・平均連勝(Average consecutive wins) ・・・ 平均連勝取引回数
    ・平均連敗(Average consecutive losses) ・・・ 平均連敗取引回数

 

データウィンドウ

 


 

「データウィンドウ(Data Window)」では、チャート内の指定した部分の日付、始値、高値、安値、終値、出来高、現在レートの詳細が表示されます。

 


 

表示されたデータは、右クリックメニューにある「コピー(Copy)」で簡単にコピーすることが可能です。

 


 

日付や始値などの表示項目は、デフォルトではすべて表示されていますが、簡単にカスタマイズできます。

その他「グリッド(Grid)」からグリッド線の表示・非表示などの設定も行えます。