裁量トレードをする者


自動売買を取り入れず、裁量トレードにこだわる理由を考えてみた。

 
1. 屈指の裁量トレーダーであり、自動売買は必要ない。

2. 自動売買の存在、使い方もしくは本当の有用性を知らないだけ。

3. 自らの裁量で世界を舞台に戦うトレーダーだという自己陶酔に浸っている。

4. 暇人。

 
それは、つまりこういうことだろう。

 
1. ⇒天才である。

2. ⇒普通である。しかし、自動売買の有用性を知ることで、非凡に変われる可能性を秘める。

3. ⇒愚かであると私は思う。が、その者の生き様なので、これを否定することはない。

4. ⇒稀有である。生きていくだけのお金は別で用意でき、裁量トレードは暇つぶしの一環となっている者。ある意味うらやましい。

 
EA自動売買FX