ルールを守る


自分で決めたルールが守れない

人間社会の生活はルールだらけです。

もう無意識で守っていると思います。

モラルみたいなものは、わざわざ決める必要はありませんが、破った時の罰則は必要です。

相場の世界では、これを自分で決めなければなりません。

しかし初心者のほとんどは、自分で決めたルールでさえ守れません。

自分のルールを破った経験は何回くらいありますか?

その代償払った金額はいくらくらいですか?

ルールを守れないのは、そのルールに自信がないからではありませんか?

自信を持って売買ルールを決定するためには、チャートソフトを使い、数多くのトレード結果を積み上げる以外にありません。

これが出来ず負けている方、あるいは退場される方が多いから、自動売買を強くオススメするのです。

 

売買ルールを守る

 

 

投資の天才 以外の方へ!

利益を伸ばすためには利食いを遅らせる。

逆にダメージを抑えたければ、いち早く損切りを行う。

コレができれるのであれば、もう相場からは好きなだけ取り放題です。
しかしコレ、凡人には不可能です。

利食いは気持よく、損切りは苦しい… これが人間として当たり前の感情。

一般的に人は利食いを急ぎ、損切りは遅らせるものだそうです。

お金を得た喜びよりも、失う苦痛の方が大きい」というこの理論。

言い換えれば、 恐怖>>>欲望 なのです。

ノーベル経済学賞を受賞したダニエルカーネマン (Daniel Kahneman@wiki)は、人間は「損をするように出来ている」と言います。( → 利小損大のメカニズム参照)

 
口座開設はこちらから↓