博打と思われがちなFX


 

FXが博打だという人は多いようですが、これは誤解です。

それは日本が投資後進国であり、投資が当てモン(博打)になってしまっている国民が多いことを意味するのかもしれません。

 

では、どうすれば良いでしょう。

 

答えは簡単かもしれません。

上がるか下がるかの当てモン(博打)から卒業すれば良いのです。

結果論的にはこの通りですが、方法論はどうでしょう。

 

FX本で勉強しても、大多数は勝てません。

FX本で勝てるなら、みんな勝っていることでしょう。

FX本のベストセラー?

うーーーーーーん。。。

勝てる系の売れてる本になればなるほど、買いたくなくなるのは私だけでしょうか?笑

 

トレーダーが、当てモンの博打から脱却するためには、思考のパラダイムシフトが必要です。

それはつまり、FX本で細かい理屈を覚えてそれで終わるのではなく、

細かい理屈が本当にワークするどうかの科学的な検証を実施する必要があることを意味します。

そうすれば、FXは博打ではなくなります。

 

<参考記事>

相場は科学の現場
FX指南書で勝てる?