ストップ注文が重要


理解しているのになかなか実行が出来ないこと...

多くのトレーダーがそれを理解しているにもかかわらず、なかなか実行が出来ないこと。

損切りとなるストップ注文を入れること...

実トレードにおいて、その損切ったポジションのほとんどが、構築したレートに戻るため、出したがらない、損を確定したくないという気持ちは当然。

 これはほとんどの投資家に共通する気持ちです。

が、トレーダーにとって、損を限定させる「ストップ注文こそが生命線である」ということも事実。

そのたった一度の大損は、

     ・ストップ注文を使わず、
     ・利食いを小さく、損失の拡大を放置したことでしか起こり得ません。

 

離れれば離れるほど...

離れれば離れるほど切りにくくなります。

あの時切っておけば。。。って思っても後の祭り。

もしストップ注文に勇気が必要なら、「ここを抜ければ完全に自分の思惑(戦略)が崩壊」っていうポイントの近くでエントリーする癖付けから始めればよろしいかと。。。

よく書籍などで紹介されている典型的な損切りポイント(ex.前回高値やトレンドライン)は、
意外と狩られやすく、ワークしないものです。

 

STOPLOSS

 
口座開設はこちらから↓