避けるべきEA


検証期間が短いEA、トレード回数が少ないEAは避けるべきである。

バックテストの検証期間は、以下を含まなければいけない。

2007年 ; サブプライムショック
2008年 ; リーマンショック
2009年 ; 閑散相場
2011年 ; 日銀による為替介入
2012年 ; アベノミクス

 

ところが、最近のEAは直近3年間のバックテスト程度で、
自信満々に勝てるEAを謳ってみたり、

これらの期間のバックテスト結果が示されていても、
トレード数が少なすぎて統計学的な頑健性を確保できていなかったり、

そのようなEAが多い。

検証期間の短いEAの場合、長期的な検証をしてみよう。

その負けっぷりに仰天することだろう。

あなたは、気になるEAの真の姿を知る必要がある。

 

<参考記事>

ダメEAの特徴
相場という科学の現場
EAに夢破れる大半
トレード回数の重要性