トレード回数の重要性


同じ年齢の日本プロ野球選手が4人いる。
どのプロ野球選手が一番実力があるか。

選手1 ; 打率.333 (9打数 3安打)
選手2 ; 打率.333 (99打数 33安打)
選手3 ; 打率.333 (999打数 333安打)
選手4 ; 打率.333 (9999打数 3333安打)
*四死球、犠打飛はゼロ。

打率は皆、同じである。
しかしながら、選手4の実力が最もあると予想して、異論がある人は少ないだろう。

なぜか。

選手1は、ほとんど2軍暮らしで、1軍にはほとんどいなかったかもしれない。
たまたま、1軍にいる間に9打数あり、3安打したのかもしれない。
消化試合かもしれない。
打率.333は、次の1打席凡退すれば、打率.300となり、
打率.333は、選手1の持つ真の実力ではないことが明らかである。

選手4が、超一流選手であることは明白である。
9999打数で、打率.333を残す選手4は、次の1打席に凡退しても、打率.333であり(毛で四捨五入のため)、
この打率.333は、選手4の持つ真の実力に近いことは明らかである。

EAについて考えてみよう。

*PF は Profit factor の略。

EA 1 ; PF = 1.2、 トレード数 = 10
EA 2 ; PF = 1.2、 トレード数 = 100
EA 3 : PF = 1.2、 トレード数 = 1000
EA 4 ; PF = 1.2、 トレード数 = 10000

先のプロ野球選手の問いと同様、PF = 1.2 に近い実力を持つのは、EA 4 である。

先のプロ野球選手の例なら打数により、
EAならトレード回数により、
実力の信頼性が上がるのである。

このようにEAの実力を判定する場合、トレード回数は重要であることがわかる。

 
EA自動売買FX