EA評価のまとめ


ここまでのEA評価方法とその選択基準をまとめます。

 

    ● バックテストデータ(≒Strategy Tester Report)が公開されていること。

    ● バックテスト評価期間が長く、トレード回数も多いこと。

    ● PFが1.0以上2.0未満であること。

    ● エントリー/イグジットのタイミングが足の切り替わりであること。

    ● 平均利益と平均損失のバランスを考慮した上で、異常な高勝率ではないこと。

    ● 勝ち負けの回数に大きな偏りがないこと。

    ● Maximal drawdown値として現れないエクイティカーブ青線と緑線の乖離が、目視では確認できないほど小さいこと。

    ● フォワード成績(ex. myfxbook、fx-on.com等)が公開されていること。

    ● 自身でバックテストする場合は、ヒストリカルデータの中身も確かめること。

    ● 複数のMT4、複数のヒストリカルデータで比較検証すること。

    ● 年度毎のバックテストデータを取得すること。

    ● 同一期間のリアルフォワードテストとウォークフォワードテストを比較し、公開前バックテスト結果の信頼性と、今後の実使用でのマージンを確認すること。