Average Directional Movement Index(ADX , ±DI)


 


 

Average Directional Movement Index(一般的にはDMIとして知られている)は、トレンドの強さを測るための指標です。

1978年にJ・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア(J. Welles Wilder, Jr.)が発表した指標です。

 


 

別ウィンドウ(=サブチャート)に表示されるグラフは「+DM(Directional Indicator)」、「-DM」、「ADX(Average Directional Index)」の 3本の線で構成されます。

    ADX:値動きの勢いを表す
    +DI:価格の上昇度合を表す
    -DI:価格の下降度合を表す

+DI が-DI より上に位置している場合は強気相場、 +DI が -DI より下に位置している場合は弱気相場とされ、

トレードシグナル例としてよく用いられるのは、 +DI と -DI がクロスした点が売買ポイントとされています。

通常終値(Close)で算出しますが、他にも、Open、High、Low、MedianPrice(HL/2)、TipicalPrice(HLC/3)、WeightedPrice(HLCC/4)を選択できます。

その他DMIを用いたトレードシグナル例は、本サイト内プルダウンメニューにある、「売買ルールについて」に譲ります。