中国の為替政策


人民元改革

人民元がドルペッグ制を廃止し、通貨バスケット制に移行したのは、2005年7月のことである。

以降、米国からの人民元切上げ圧力が掛かると、ドル以外の通過に対する変動幅の拡大や、対ドルの変動幅拡大により対応。
貿易黒字も重なり、外貨準備高は増加の一途を辿っている。

 

人民元の国際化

2016年10月より、IMFの特別引き出し権(SDR)の構成通貨に1日から中国人民元が加わった。

これにより、人民元はドル、ユーロ、円、英ポンドと共に、IMFの公式準備通貨の一つとして用いられることとなった。

続き詳細はこちら ⇒ WSJ

 

人民元切り下げ/米国債市場

ドル売り人民元買いの市場介入が米国金融政策安定化の波乱要因。

続き詳細はこちら ⇒ WSJ 、 bloomberg