中国の金融政策


中央銀行

中国人民銀行」は、人民銀行法第2条により中央銀行としての地位を確立した、中国の中央銀行にあたる。

貨幣価値の安定保持と、経済成長の促進を目的としている。

諸外国中央銀行とは若干異なり、政府からの独立性は付与されておらず、金融政策の決定には、国務院の認可を要する。

同法12条に従い設置された「貨幣政策委員会」は、日銀・金融政策委員会に相当する。

原則年4回開催される前記委員会で作成される報告書は、中国の金融政策をはかる上でもっとも重要なものである。

 

金融政策

人民銀行は、窓口指導等による直接的なコントロールと、公開市場操作による間接的なコントロールに大別される。

直接的なコントロールには、窓口指導に加え、預金貸出準備金利の設定がある。

間接的なコントロールには、公開市場調査、法定準備預金制度、人民銀行貸出がある。

現在は、直接的なコントロールの影響力の方が強く、短期金融市場はまだ未成熟と言わざるをえない。

詳細wiki参照。