Strategy Tester(ストラテジーテスター)


 
MT4には、エキスパートアドバイザー(=EA:システムトレード売買ルールをプログラミングした自動売買ソフト)というシステム売買機能が標準搭載されています。

EAを用いると、そのプログラム売買指示に従い自動的に取引を実行することが可能となります。

また、EAと過去為替市場データ(=ヒストリカルデータ)を用いて、取引成績をテストする機能(=バックテスト)があります。

テストは「テスター(Tester)」ウィンドウで行われます。

テスターウィンドウでは、任意のEAや通貨ペア、テスト期間等を指定することができます。

テスト結果は、成績一覧と取引履歴、グラフの両方で表示され、EAプログラミングの改善、パラメーターの最適化に活用することができます。

EAが使用する各パラメーターを、指定したステップに従い徐々に変化させ、それぞれの値でのテスト結果を自動でまとめて表示する機能(Optimization)も備わり、これを利用することでEAのパラメーター調整の作業負荷を減らし、調整結果を比較的容易に得ることができます。

EAの実際の稼動はツールバーのアイコンからも操作可能です。

最後に、EAのプログラミング方法については、「QL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル」や、本サイト内「プログラミングについて」各項目をご覧ください。

 

EAのインストール

 


 

「ファイル(File)」メニューの「データフォルダを開く(Open Data Folder)」を選択すると、EAを格納するべきフォルダが開きます。

「MQL4フォルダ」の下の「expertsフォルダ」を開き、ここにEA(例は弊社EAであるW2C-Socute_Normal_ver.2.02.ex4)を格納します。

 

MT4の再起動後に上記EAが使用可能となります。

 

ストラテジーテスター(Strategy Tester)

 


 

「表示(View)」メニューの「ストラテジーテスター(Strategy Tester)」を選択すると、画面下部にテスター(Tester)ウィンドウが表示されます。

 


 

「セッティング(Settings)」タブの各プルダウンメニューから、バックテストしたいEA(またはIndicator)、通貨ペア(Symbol)、モデル(Model)、期間(Period)、スプレッド(Spread)、日付(Use date)を選択できます。

    モデル(Model)について
    「全ティック(Every tick)」は、1分足(M1)データを使用
    「コントロールポイント(Control points)」は、設定した時間軸の一つ短い時間軸のデータ(ex.期間がH4ならH1)を使用
    「始値のみ(Open prices only)」は、設定した時間軸の始値のみを使用

 

エキスパート設定(Expert Properties)

 


 

「エキスパート設定(Expert Properties)」を選択すると、対象EAのテスト項目他を設定することができます。

設定できる内容はそれぞれEAごとにに異なります。

上図は、弊社EAであるW2C-Socute_Normal_ver.2.02.ex4を例示しています。

Testingタブでは、初期証拠金(Initial deposit)、ポジション(Positions)で「買いのみ(Long Only)」「売りのみ(Short only)」「両方(Long & Short)」を選択します。

加えて、Optimized Parameter で 最適化優先項目を選択します。(最適化有効時のみ選択)

 


 

「パラメーター入力(Inputs)」タブでは、対象EAのパラメーターを入力します。入力画面はEAごとに異なります。

 


 

「最適化(Optimization)」タブでは、対象EAの動作制限を加え、最適化することができます。利益の量や損失許容レベルなどの設定が可能です。

 

テスト開始

 


 

「スタート(Start)」ボタンをクリックすると、テストが開始します。

※ 必要なヒストリカルデータの取得方法はこちら ⇒ ツールメニュー/ヒストリーセンター(History Center)の項目

テストが完了すると、テスターウィンドウに「結果(Results)」「グラフ(Graph)」「レポート(Report)」「操作履歴(Jurnal)」が追加されます。

 


 

加えて、「チャートを開く(Open chart)」を選択すると、対象EAのテスト期間全ての売買記録が、チャート上に表示されます。

    青矢印:買い
    赤矢印:売り
    黄色三角:決済

 


 

それぞれのマークにカーソルを合わせると、取引の詳細吹き出しが表示されます。

 

結果(Results)

 


 

「結果(Results)」タブでは、対象EAのバックテスト結果、取引記録を見ることができます。

チャート上の 「取引番号」は、結果タブの「注文番号」にあたります。このタブの「時間」は動作したタイミングです。 「取引種別」は動作の内容で、”Buy”と”Sell”は売りと買い、”close”は一致する「注文番号」の決 済を意味します。また、「損益」は該当する決済注文で確定した損益、「Balance(決済残高)」には その時点での収支が表示されます。

 

グラフ(Graph)

 


 

「グラフ(Graph)」タブでは、対象EAの収支がグラフ表示(横軸「注文番号」、縦軸「収支」)されます。

グラフ上にカーソルをあわせると、その時点での口座情報が表示されます。

 

レポート(Report)

 


 

「レポート(Report)」タブでは、対象EAのバックテスト期間に対する取引結果まとめがレポート表示されます。

レポートの見方に関しては、本サイトの自動売買について内、EA評価関連記事をご参照ください。

 

操作履歴(Jurnal)

 


 

「操作履歴(Jurnal)」タブでは、対象EAの動作ログファイルが表示されています。

プログラムのバグ等のチェックに利用します。

エラーは赤マークによりここに表示されます。