Standard Deviation(標準偏差)


 


 

Standard Deviation(標準偏差)は過去の値の変動幅を元に計算される指標で、値の変動リスクの測定に使います。

この値が大きいほど値動きの幅が大きいと考えられます。

 


 

Standard Deviationでの売買のエントリー(イグジット)ポイントは、Standard Deviationの値が大きくなった時になります。

通常終値(Close)で算出しますが、他にも、Open、High、Low、MedianPrice(HL/2)、TipicalPrice(HLC/3)、WeightedPrice(HLCC/4)を選択できます。

Standard Deviationを用いたトレードシグナル例は、本サイト内プルダウンメニューにある、「売買ルールについて」に譲ります。